頑張るあなたへ|疲れが取れない原因を追求

病気になりにくい体作り

サプリメント

細菌の攻撃をはねのける

エビやカニなどの甲殻類や、サケ、イクラなどの魚介類に含まれるアスタキサンチンは、近年注目されている成分の一つです。高い抗酸化作用のほか、抗炎症作用があることで知られています。抗酸化作用により、体内で生成された活性酸素を除去し、細胞の衰えを阻止できるため、いつまでも若々しくいられるほか、抗炎症作用によって、病気になりにくい体作りが行えます。では、なぜアスタキサンチンの抗炎症作用により、病気になりにくくなるのでしょう。細菌に感染したり、有害な物質が体内に入ると、炎症が起こります。炎症が続くと、発熱したり膿が出るなどして、体の抵抗力が下がります。アスタキサンチンは、有害物質や細菌の攻撃をはねのける作用があるため、病気に負けない体作りができるのです。万が一病気になったとしても、重症にはなりにくく、治りやすい体になります。そのため、日常的にアスタキサンチンを摂取することは、健康のために非常に大切です。アスタキサンチンの抗炎症作用によって、ブドウ膜炎やリウマチ性関節炎、ヘルペスなどが改善するという研究結果もあり、様々な健康効果が期待されています。アスタキサンチンは、エビやカニ、サケなどを食生活に取り入れることで摂取できますが、安定して摂取するためには、サプリメントを服用するのがベストです。健康な体を保つために、一日に必要なアスタキサンチンの量は6グラムとされているので、必要量を摂取するよう心掛けましょう。