頑張るあなたへ|疲れが取れない原因を追求

緑色のタブレットの選び方

粉末

それぞれのサプリの違い

スピルリナとユーグレナは、どちらもごく小さな単細胞生物の一種です。基本的には緑色をしていて、光合成を行います。スピルリナもユーグレナもビタミンやミネラルなど多くの栄養素を含んでいることから、健康食品や食品の添加物として広く利用されています。それぞれの成分には、緑黄色野菜に多く含まれるビタミンなど共通のものも多くありますが、もちろん別の生物なので違いがあります。まず、スピルリナは、約60パーセントという非常に多くのタンパク質を含んでいます。また、ミネラル成分が多いのも特徴で、その抗酸化作用が注目されています。一方、ユーグレナに特徴的なのは、青魚に含まれる不飽和脂肪酸などを含有し、また、パラミロンという独特の成分も含んでいることです。このパラミロンには、老廃物など身体にとって悪いものを排出してくれ働きがあることがわかっています。スピルリナとユーグレナは、どちらも豊富な栄養を含み、また体内で吸収もしやすいことから、それぞれを利用した多くのサプリメントが販売されています。けれど、いったいどちらが自分に合っているのかと迷ってしまう人も多いはずです。そのような時は、毎日の食生活を振り返ってみることが大切です。肉類などに含まれるタンパク質や女性に多い鉄分やカルシウムなどミネラルの不足が気になる人は、スピルリナで補うことができます。そして、青魚を食べることが少ない人は、ユーグレナを選ぶと良いでしょう。スピルリナとユーグレナは、双方ともに優れた栄養補助食品であることは間違いありませんが、大きくわけて説明すると、身体の元気にはスピルリナ、身体をすっきりしたい場合にはユーグレナということもできるでしょう。